マナーを事前に調べる

親しい仲でも礼儀を忘れず

ファミリー

新築内祝いの本来の目的は、品物を贈るのでは無く新築した家に招待することです。入居後1か月から2か月の間に、新築祝いをいただいた方々を招いて新居のお披露目をします。家の内部や庭などを見てもらうために、夜では無く昼間の時間帯に食事やお酒などをふるまうのが一般的です。お招きしたのに都合で来られなかった人、遠距離の人などに対しては、お礼の気持ちを込めてお礼状と共に新築内祝いとして品物を贈りましょう。その時はギフト券などの金券では無く、相手に使ってもらえるような実用品や食品を中心に選びます。実用品なら食器やタオル、洗剤などで、食品はお菓子の詰め合わせやビールセットなどが一般的です。最近では受け取った人が自由に選べるカタログギフトなども人気があります。のし書きは紅白の水引に「新築内祝い」として送り主の姓を記載します。金額の目安はいただいた金額の3分の1から半分までとするのが一般的です。また、新居に来ていただいた方々へは、本来は不要ですが感謝の気持ちとして手土産程度のものを用意します。この場合ものしには「新築内祝い」として前述と同じように紅白の水引を使用しましょう。新築祝いを贈ってくれる人は親戚や友人などの付き合いの深い人がほとんどです。ちゃんとしたマナーを守りきちんとした形でお礼をすることは、今後のいい関係を継続するために大切なことです。「親しき仲にも礼儀あり」なので、新築内祝いはマナーを守って行いましょう。

喜ばれるものを贈りたい

女性

新築内祝いは、家を新築した時に頂いたお祝いのお返しとして贈るものです。家を建てることは一生のうちでそう何度もないものですから、マナーをきちんとチェックしておき失礼のないように新築内祝いを贈るようにしたいものです。内祝いというのは近所や親しい人を招いてお祝いの席を設けるというのがもともとの意味です。そのため、新築祝いを貰った人を招いてお祝いの席を設けることを行うこともありますが、都合が合わなかった人や遠方でお祝いの席に来ることができなかった人に、新築内祝いを贈ることが一般的でした。近年では、新築祝いを貰った人に新築内祝いを贈り、お祝いの席は身内だけで、というケースも増えてきています。新築内祝いの品物として、昔からグラスやカップを贈ることが主流となっています。これはグラスやカップは「入れるもの、器」であり、新築というのも「人が入るものが完成した」という意味合いを持つこともあることが理由となっています。他にも「家を焼かない」という語呂合わせでやかんを贈ったり、火にかけて使うことから「火に強い」という意味合いを持たせて鍋を贈ることもあります。近年ではこれらのように昔からの意味を持たせたり、語呂合わせによる商品を新築内祝いの品物として選ぶよりも、その家庭で必要なものを選んでもらった方が良いということから、カタログギフトを選ぶ人も増えています。また、定番の品物ではありますがタオルや洗剤、日持ちのするお菓子も贈る人を選ばないということから選択されることが多くなっています。

相場金額を把握

男女

新築祝いと引越し祝いがあります。例えば、新築マンションや新築の戸建てを建築したり購入した場合は、新築祝いを贈るのが一般的です。中には、中古マンションや中古一戸建てを購入する場合もあります。この場合は、引越し祝いとしてお祝いします。どちらもおおよその相場価格があります。参考にすると良いです。贈る相手との関係によっても贈る金額は変わってきますが、一般的には友人や職場関係、ご近所関係などは5000円から10000円です。兄弟や親せきなどは10000円から30000円となります。中には、品物で贈る場合もありますが、現金や金券の方が使い勝手もよく喜ばれます。ただし、贈る相手が上司や目上の人の場合は、現金や金券は失礼にあたる場合もあります。また新築祝いを受け取った側はもらいっぱなしでは失礼になります。お返しとして新築内祝いを贈ります。新築内祝いを贈るタイミングは転居して1、2ヶ月位が目安です。どの位の金額を新築内祝いとするのかは、大体、いただいた金額の3分の1から半額位が目安です。ただし、一部非常に高額な品をいただいた場合などは、感謝の気持ちを伝えます。基本的に新築祝いをいただいた場合、お返しと言う言葉は使いません。新築内祝いの内祝いとは、良いことが合った家が親しい人を招いてお祝いするという慣習の事です。お返しというともらったから返すという意味合いになりかねません。お祝いに対して、心ばかりの品を贈りますと言う意味です。