結婚と言う区切りに

親への感謝

ぬいぐるみ

結婚式に両親への感謝の気持ちを込めて記念品を贈るのが一般的になっています。この記念品に何を選べば良いか悩む方も多いと思います。どのようなものが結婚式の両親への記念品に選ばれているか見ていきたいと思います。多く目にするものとして時計があります。これまでの時間に対する感謝とこれからの時間も見守っていた欲しいという気持ちから時計が選ばれています。結婚式という華やかなイベントでの贈り物ですので、花があしらわれたものが多いです。また両親への感謝の気持ちを込めたポエムを入れたタイプのものもあります。両親に使ってもらうというアイテムとしては箸や食器なども多いです。実際に使ってもらえるもの、両親への感謝を込めたものとして、ペアで高品質ものが選ばれています。飾ってもらえるタイプとして、似顔絵などを贈るパターンもあります。自分たちの立派に育った姿を見てもらいたい方は結婚式や産まれてから結婚式までの写真を収めたアルバムを記念品とする場合もあります。自分たちの立派に育った姿こそが、両親への感謝の気持ちとなります。後々まで残らないパターンとしては、両親に旅行をプレゼントする方法もあります。今まで自分たちに時間を使ってきて自由時間が取れなかった両親に、二人だけでのびのびと過ごしてもらえるような旅行は間違いなく喜ばれます。ちょっと変わったところでは、二人の産まれたときの体重と同じ重さの米を贈るというものもあります。重さを実感することで、小さい頃の苦労を思い出したり、大きく育った姿を改めて確認したりすることができます。

長年の恩恵に感謝する

お花

結婚式で両親に感謝の記念品を送る方が増えています。贈る記念品には、手作りからネット通販などいろいろな種類の物があります。個人の個人のケースに応じ、心のこもった記念品を両親に贈ります。両親へ心のこもったメッセージを伝える手紙のプレゼントなどの特典もあります。結婚式で両親に贈る品のいちばん人気はやはり、花束と手紙です。さまざまな花束を金額に応じて選ぶことができます。生花もよいですがブリザードフラワーやアレンジメントなど、長く残る品も喜ばれます。写真を贈る際はフォトフレームに入れて贈ります。2枚入りの写真立てを選べば、両親と自分たちの結婚式の写真を組み合わせて飾ることができます。最近の人気がウエイトドールです。自分の生まれたときの体重と同じ、世界でたった1つのかわいいくまちゃんのぬいぐるみです。足の裏に体重や生年月日、血液型、名前や身長、星座や結婚記念日、名前等が刺繍されています。結婚式のウェルカムドールとしても利用できます。結婚式の両親に贈る記念品の定番が時計です。こちらは2人で手作りもできますし、生活必需品として末永く使ってもらえます。3連時計という置時計です。新郎新婦、そして新郎新婦のそれぞれの両親が、同じ木版や土を使って作られた時計を使用できます。絆を繋ぐアイテムとして定着してきています。また、ペアの食器や新郎新婦が生まれたときの体重に応じた米俵も定番です。これらの記念品を結婚式の際、両親に贈り一生の思い出とするカップルが増えています。

式のクライマックス

教会

結婚式の主役は新郎新婦ですが、結婚式のクライマックスで両親に感謝の気持ちを伝えたり、花束を贈るシーンもとても感動的なものです。そしてこの機会に、ご両親に素敵な記念品を贈りたいと考えている人は多いのではないでしょうか。かつては結婚式のクライマックスは両親への手紙の読み上げや花束を渡すことが定番でした。花束はきれいで、誰にも喜んでもらうことができる贈り物ですが、生花が美しい時間は短く、長い間残しておくことはできません。そこで、一生の記念になる素敵な記念品を選ぶことも増えています。結婚式での両親に贈る記念品も今は色々な商品が用意されていますのでじっくりと比較して良いものを選んであげましょう。まず、最近は長くその美しさを楽しめるプリザーブドフラワーも人気です。生花の質感を感じることができますし、水も必要ありませんので、壁掛けなど様々アレンジを楽しむことができます。さらに、産んでくれてありがとうという気持ちを示すのであれば、出産時の体重で作られたウエイトドールもおすすめです。実用的なものとしてはフォトフレームや掛け時計などもありますし、お酒の好きなご両親ならワインや焼酎も喜ばれます。さらに最近では似顔絵や感謝状などが贈られることも多くなっています。そして、こうした記念品にもやはりマナーはありますので、目上の人に贈るのにふさわしくない商品は避けましょう。靴下や靴などの足元系のものや、万年筆やペンなども目上の人への贈り物としては向いていないので注意しましょう。