感謝の気持ちを込めて贈る

記念に残るものを

新郎新婦

結婚式の最後に、両親へ、今まで育ててくれたお礼やこれからの挨拶を伝え、花束の贈呈とあわせて記念品を贈るというカップルが増えています。結婚式という、我が子の晴れの日を見ることができて、更には感謝の気持ちをしたためた手紙を読んでもらったり、花束をもらったりなんてしたら、それはもう両親にとってそんなに嬉しいことはないと思いますが、言葉や花束だけでは、思い出には残りますが手元に残りません。やはり、何か形が残る、記念品があるといいですね。結婚式の両親への記念品としては、手元に残るものだけでも、自分が生まれた時と同じ体重のテディベアーや、感謝のメッセージを書いた色紙など、様々なアイディアがあります。そのなかでも、写真立てや置き時計は、贈ったあとにインテリアとして使ってもらいやすい記念品ですのでおすすめです。飾ることができる記念品であれば、結婚式が終わってからも、その記念品を見ることで当日のことを思い出したり、もらった相手のことを考えたりする機会になることでしょう。また、写真立てや置き時計には、自分の両親と義両親、そして自分たち夫婦の三家族がそれぞれもつ用にと、三連にデザインされたものもあり、人気が高いようです。結婚式の記念品用に作られているものは、花柄や、レースやパールがあしらわれているなど華やかなデザインのものも多いので、選ぶ際には贈る相手の『贈った後』のことを考えて選ぶようにしたいものです。デザインには好みがあると思いますが、長く使うことを考えると、シンプルなものの方が使い勝手が良いかもしれません。

似顔絵やフラワーギフト

プレゼント

結婚式での両親への記念品には様々なものがありますので、喜ばれる素敵なものを選びましょう。例えば、両親の写真から作る似顔絵などがおすすめです。似顔絵は、近年人気を急上昇させているビジネスでもあり、記念品としてだけでなく、似顔絵師が余興で結婚式に呼ばれるということも多くあるのです。夫婦や家族の似顔絵にすれば素晴らしい素敵な記念品になりますし、世界に一つだけの記念品になるので喜ばれることまちがいなしの品です。両親の似顔絵を描いてもらい、それにメッセージなどを書いてボードを完成させる、といった工夫をしてみましょう。その他にも、似顔絵は様々な部分で活躍しますので、取り入れてみてはいかがでしょうか。また、結婚式で両親に贈る記念品の定番としては、フラワーギフトがあげられます。そして最近では、枯れることなく長く楽しめるプリザーブドフラワーも人気になってきました。プリザーブドフラワーは造花とは違い、本物のお花を特殊な液体に入れて、加工したものです。プリザーブドフラワーはきちんと管理していれば、2〜3年はきれいなまま持たせることが出来ます。また様々なものに加工出来るため、プリザーブドフラワー単体としてだけでなく、時計に組み込んでみたり、似顔絵ボードに張ってみたり、といった使い方も出来る優れものです。寿命が長いので、フラワーギフトを贈りたいという人は是非試してみましょう。このように、両親への記念品には様々な種類があります。工夫して準備し、素敵な結婚式にしましょう。

様々な品

二人の女性

結婚式では、お世話になった両親へ記念品を渡すことが多くあります。通常参列者への引き出物とは別に、両親に向けて、思い出に残る特別な記念品を用意しましょう。さて、両親への記念品には様々な種類があります。例えば最近人気なのは、新婦が生まれたときの体重と同じ重さで作ったテディベアです。体重ベアと呼ばれており、新婦の小さいころのことを思い出すことが出来る、素敵な記念品です。また、両親の名前や自分たちの名前を入れたメッセージボードなども人気です。感謝の気持ちを文字やポエムで表すことで、一生結婚式の思い出として残すことが出来ますし、更に似顔絵なども付け加えるとより良いプレゼントにすることが出来ます。また、定番のものと言えば時計です。二人の結婚式の日付を刻印した時計などは、使い勝手も良いですし思い出に残る素晴らしいものになります。また、旅行が好きな両親であれば、旅行券なども良いでしょう。形には残らないものですが、両親にとっても夫婦二人の思い出作りが出来る素敵なプレゼントになります。このように、結婚式の記念品には様々な種類があります。両親の雰囲気や好みを見極めて、ぴったりの記念品を見つけましょう。結婚式の花束贈呈のときなどに一緒に渡すと、演出としても素敵なものになります。また、花嫁から両親へ向けた手紙を読むタイミングなどで渡すのも良いでしょう。素敵な記念品を準備して、両親へ感謝の気持ちを伝えましょう。