相手の趣味に合わせて

マナーを守って

積み木

新築のお祝いを頂いたら、新築内祝いをお返しするものですが、本来は家が建ってから1ヶ月から2ヶ月の間に家に招待して食事などでおもてなしをするのが本来の方法です。新築した家に来てもらい、食事やお酒を振る舞い、お帰りの際に心ばかりのお菓子などの手土産をお渡しするものです。しかし、最近は新築の家に招くのではなく、頂いたお祝い金の3分の1か半額程度の品を購入して贈るのが一般的になっています。喜ばれる新築内祝いは、センスや趣味の良い実用品や食器類やキッチン用品などです。その他にはタオルや石鹸など日常でよく使う消耗品なども喜ばれる新築内祝いの代表格です。また、さまざまな商品の中から好きな商品を選べるカタログギフトも喜ばれることの多い新築内祝いです。新築内祝いを贈るにあたっては、お渡しする人の家族構成を考慮に入れて選ぶと失敗が少なくなります。例えば、お子さんのいる人へは、可愛らしいお菓子のセットが喜ばれますし、お酒の好きな人へはお酒のセット商品がいいでしょう。その他にも掃除が好きな人には、おしゃれな掃除グッズや便利グッズを贈るといいですし、テーブルウェアに凝っている人にはブランドのコースターや小皿などを贈ると喜ばれるでしょう。ただ、注意したい点としてはどれだけ良い品をお返しとして贈るとしても、金額的に同等のものやお祝い金よりも明らかに高額なものは失礼にあたるので金額面に関しては過剰にならないようにしましょう。

気を付けたいこと

家のイラスト

家を新築した場合、新築祝いのお祝いをいただくことがあります。新築に限らず、お祝い金やお祝いの品をいただいたら、お返しをする風習があります。それを内祝いといいます。新築内祝いの場合は、新築の家をお披露目する会を開き、お祝いをいただいた人を招待して軽食などでもてなすことがお返しとなります。お披露目の会に招くことができなかった人に対して、新築内祝いのお返しをするのがマナーとなります。新築内祝いを品物でする場合に、気を付けたいことがあります。ひとつは金額です。内祝いは、いただいた金額の半額、または3分の1程度の金額のものを選びます。いただいたものよりも高すぎるもの、逆に安すぎるとわかるものは、失礼になるので注意が必要です。また、新築内祝いを送る時期については、お披露目の会から1〜2カ月後ぐらいを目安にしましょう。引っ越しの片付けも終わり、新しい生活に入ったころには送るようにしたいものです。新築内祝いの品物については、新築の場合、家が入れ物を意味するとし、グラスやカップ、花瓶などの器が選ばれる風習がありました。しかしながら、最近はその風習も薄れ、誰がもらっても困らない、お菓子や日用品を選ぶ人も増えてきました。趣味が合わない食器などをもらうより良いという考え方です。また、相手の好きな商品を選ぶことができるカタログギフトは、贈る相手の年齢や性別問わないことで人気となっています。その他、のしには蝶結びのものを使用し、直接渡せない場合は、お礼のメッセージを添えるのがおすすめです。

希望を聞いておこう

ギフト

新築内祝いの品選びはとても大変です。相手が欲しいと思っている物を贈るようにしましょう。思い切って希望を聞いてしまうというのも一つの手段です。というのも、新築に合わせていろいろと買い替えることもあるからです。既に相手が持っているものを挙げてしまうともらった側は困ってしまうでしょう。いわゆる、物かぶりがないようにすることが大切です。また、新築内祝いの予算によっても何を贈るか変わってきます。一般的に新築内祝いを贈る場合、もらった金額の半分から三分の一が相場となっています。そのため、大きな家具を贈るとなると相場の金額よりも高くなってしまう恐れがあるため、小物ものを選ぶのが最適です。現在、小物の中でも定番となっているものが、お菓子のセットやタオルといったものです。特にお菓子などは、日持ちするものが多く、お子さんがいる家庭などにも喜ばれるため人気の商品となっています。また、タオルなども、日常生活においては必要不可欠な品物で、沢山あっても困らないという理由から選ぶ人が多いです。一方、どんな物がいいのか相手に聞けなかったり、買いに行く時間がなかったりする場合には、現金がお勧めです。現金なら誰でも喜んでくれるからです。もちろん、無理に何かを買う必要もありません。何か欲しい物が出てきた時までとっておくこともできます。そこで、多くの人は手っ取り早く現金を贈ることもあります。しかし、実際に自宅へ訪問して渡す場合と宅配便を利用して贈る場合では、品物の内容も変わってくるため、きちんと考えて選ぶようにしましょう。どちらにしても、あまりかさばるような物は避けましょう。もちろん、縁起物もあるので、その点も調べてから贈るようにした方がいいかもしれません。ネット情報なども参考にしましょう。